YANO-T’s blog

育てるblog

俳優の 高橋一生 さんが 村上春樹 氏の『騎士団長殺し』を朗読、アマゾン の 聴く読書 Audible!? ≪めちゃ推しYouTube≫

[本ページはプロモーションが含まれています]

広告・スポンサーリンク

 

 

ブログの前のみなさ~ん!!!

今回もYANO-T's blogへお越し頂き、

ありがとうございます。

感謝感謝。

(引用:PRtimesサイト https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000159.000036126.html)

 

アマゾン聴く読書Audible をご存じでしたでしょうか?

プロのナレーターが朗読した本をアプリで聞けるサービスです。

Amazonのオーディオブック Audibleで聴こう。

www.youtube.com

 

このサービスの扱っている作品に、

村上春樹 氏 の『騎士団長殺し』があるんですが、

この作品の朗読を、俳優の 高橋一生 さんがされています。

高橋一生さんの声ってメッチャ渋いですね(´▽`)

村上春樹 作品 に 高橋一生 さんの朗読ってメッチャ贅沢ですよね(´▽`)

その時のインタビューがYouTubeに上がっていました。

それがこちら↓↓↓

www.youtube.com

 

Audible会員は定額聴き放題なんです(;゚Д゚)

 

騎士団長殺し ―第1部 顕れるイデア編(上)―

作家デビュー40周年

村上ワールドの新たな結晶!

物語の魔術師、村上春樹のすべてがここに――

一枚の絵が、秘密の扉を開ける……妻と別離し、傷心のまま、海を望む小暗い森の山荘に暮らす孤独な36歳の画家。ある日、緑濃い谷の向こうから謎めいた銀髪の隣人が現れ、主人公に奇妙な事が起き始める。雑木林の古い石室、不思議な鈴、屋根裏に棲むみみずく、そして「騎士団長」――ユーモアとメタファーに満ちた最高の長編小説!

(引用:https://amzn.to/4aoUL40)

広告・スポンサーリンク

 

騎士団長殺し ―第1部 顕れるイデア編(下)―

騎士団長、登場!
謎と予感をはらんだ世界が、一気に動き出す――

その出現は突然だった。真夜中、主人公の前に顕れたのは「イデア」だった。イデア!?
一度は捨てたはずの肖像画制作に没頭する「私」の時間がねじれ、反転してゆく。不思議の国のアリス上田秋成春雨物語」、遠い闇の中でうごめく歴史の記憶、キャンバスの前に佇む美しい少女――多彩な人物と暗喩とともに、物語はさらに深く、森の奥へ。

(引用:https://amzn.to/4bHmbn4)

広告・スポンサーリンク

 

騎士団長殺し ―第2部 遷ろうメタファー編(上)―

4枚の絵が、新たな謎を語り出す。
ユーモアとアフォリズムに満ちた物語の行方を、
まだ誰も知らない。
森の小径を抜けて、絵画教室の少女と美しい叔母が山荘を訪れる。そして、4枚の不思議な絵がパズルのピースのように一つの物語を浮かび上がらせる。たびたび現われる優雅な銀髪の隣人、奇妙な喋り方で「私」に謎をかける騎士団長。やがて山荘の持ち主の老画家をめぐる歴史の闇も明らかになる。真夜中の鈴は、まだ鳴り止まない――。

(引用:https://amzn.to/4bC2HA3)

広告・スポンサーリンク

 

騎士団長殺し ―第2部 遷ろうメタファー編(下)―

物語の渦をくぐり抜け、「私」と少女は、ふたたび出会えるのか。
静かに深く胸を打つラスト、最高の村上ワールド!

「簡単なことだ。あたしを殺せばよろしい」と騎士団長は言った。「彼」が犠牲を払い、「私」が試練を受ける。だが、姿を消した少女の行方は……。暗い地下迷路を進み、「顔のない男」に肖像画の約束を迫られる画家。はたして古い祠から開いた異世界の輪は閉じられるのか。
「君はそれを信じたほうがいい」――村上春樹の秘密の物語が、いま希望と恩寵の扉を開く。

(引用:https://amzn.to/4bAehLS)

広告・スポンサーリンク

 

Audible会員は定額聴き放題に関してはこちら!

”Audibleのサイトに直接移動しますヨ。

amzn.to

※広告・お申込みの前には必ずサイトでも内容・金額などをご確認ください!!!

 

いかがでしたでしょうか?

気にいったら、ぜひ一度クリックしてみてくださいね。

 

最後に、高橋一生さんのコメントをどうぞ!

「 初めて読んだとき主人公である〈私〉と僕自身の年齢が同じで、職業の特徴にも共通点があるなど、自分自身に限りなく近いと感じていた作品でした。朗読することで、物語を新たな視点で見ることができ、楽しみながら取り組むことができました。思い思いのシチュエーションで、作品をお楽しみください。」

(引用:PRtimesサイト https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000159.000036126.html)

広告・スポンサーリンク

 

広告・スポンサーリンク

 

 

今回も最後までブログをご覧いただき、

ありがとうございました。

感謝感謝。

それでは、また次回、

YANO-T's blogで

お会いしましょう!!!

広告・スポンサーリンク

 

 

ぜひこちらもクリックしてください!!

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへにほんブログ村 ブログブログへ

YANO-T's blog - にほんブログ村人気ブログランキングでフォロー